七味が花粉症に効く!?


 

皆さんこんにちは!


本格的な花粉の時期の到来で、目がかゆい!鼻がムズムズする!といったお悩みを抱えている方も多いと思います。


花粉症の治療もだいぶ進んできて症状が緩和される事も多くなってきましたが出来ることなら薬に頼らずに健康的な毎日を過ごしたいですよね。


花粉症に良いとされる食材は色々ありますが、実は「七味とうがらし」も花粉症に良いとされる食材の一種なのですよ!!






とうがらしは粘膜を強化して免疫力を高める!!

以前ブログでも紹介しましたが、とうがらしには「ビタミンA」が豊富に含まれています。

ビタミンAは呼吸器の粘膜を保護したり、肌の状態を健康に保つ働きをもつ花粉症の方には必須とも言えるビタミン!!


さらに、とうがらしにはビタミンCも含まれているため免疫細胞が分泌する「ヒスタミン」の働きを抑える働きを持つためアレルギー症状の緩和にも期待できるのです!


しかし、とうがらしは刺激物なので食べすぎたりすると逆に粘膜を荒らし症状を悪化させる可能性も!


激辛料理などで唐辛子を大量に食べるよりも、七味に入っているとうがらしで料理にちょっと風味と辛みを付け加えるぐらいの使い方がちょうど良いのかもしれませんね。







海苔の食物繊維がアレルギーの反応を抑える!?

近年海苔に含まれる「ポルフィラン」という物質が注目されて来ています。


これは、わかめや昆布などには含まれない海苔特有の食物繊維の一種で、この物質を摂取するとアレルギーの反応を抑えるといった研究結果が示されています。


さらに、このポルフィランという食物繊維は海苔を乾燥や紫外線から守っている物質なので我々の肌の健康を保ってくれる働きも期待されています。


海苔にはビタミンCも豊富に含まれているので相乗効果によって花粉の時期になると肌が荒れる!といった症状の緩和にも期待が出来るかもしれません。








柑橘類の果皮に含まれるナリルチンが花粉に効く!!

「ナルリチン」という物質を聞いたことが事があるでしょうか?


この物質は柑橘類の果皮に含まれるフラボノイドの一種で強力な抗酸化作用によってヒスタミンの分泌を抑えてくれる働きをもちます。


「じゃばら」という柑橘類に多く含まれるのが有名で花粉の時期になるとサプリメントや飴、グミといった形でドラッグストアなどに並ぶことが多くなります。


七味では「陳皮」といった形で柑橘類の果皮を乾燥させたものを使用しているのでその他の原料と合わせて花粉症の症状の緩和にも期待が持てるでしょう!






いかがでしたか?七味には花粉症にも効く食材が豊富に使わてれいるのです!


七味は単体で食べるのではなく他の料理の引き立て役として使われる香辛料です。

花粉症に効く食材として有名な物に「レンコン」が挙げられますが、レンコンの煮物などに七味をふって食べれば最強の花粉症対策メニューの出来上がりです!


いろいろな食材と合わせて健康パワーを引き出してくれることも七味の魅力の一つですね(^_-)-☆

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示